ライブ配信で稼ぐ女性の特徴とは?稼げるアプリや、配信で得る収入の仕組みも紹介

ライブ配信で稼ぐ女性の特徴とは?稼げるアプリや、配信で得る収入の仕組みも紹介

ライブ配信という言葉を聞いたことはあっても本当に稼げるかどうか気になりますよね。

本記事ではライブ配信で稼げる女性の特徴や、収入の仕組みを紹介します。

また、配信を始めるのにオススメのアプリやよくある質問にもお答えしますので、ライブ配信に興味がある方はご確認ください。

本記事を最後まで読むころには、ライブ配信で稼げる女性の特徴や、稼げるまでの手順がわかるようになり、すぐにでも配信を始められるようになるでしょう。

この記事でわかること

  • 配信で稼げる女性の特徴
  • ライブ配信アプリの収益の仕組
  • 17LIVE・TikTokライブ・BIGOライブを始めると稼ぎやすい

\ライブ配信で稼ぎたいなら「ReStart」に所属するのがおすすめ!/

ライブ配信で稼ぎたい方におすすめのライバー事務所はReStart

LINEで相談してみる(無料)

ReStartは、5,000人以上のライバーが所属しており、ライブ配信が未経験でも稼げるライバー事務所です。

≪ReStartに所属するメリット≫

  • 契約金・サポート費用などの、所属する上での費用なし!
  • 信頼の実績。17LIVEにおいてはゴールドパートナー(3社のみ)に認定!
  • TikTok公認提携エージェンシー
  • 配信ノルマなし! 
  • 他事務所からも移籍可能!

ライブの配信が未経験の方や、ライブ配信で稼ぐノウハウを知りたい方は、

まずはLINEにて気軽に相談しましょう。

LINEで相談してみる(無料)

ライブ配信で稼げる女性の特徴

ライブ配信で稼げる女性の特徴

  • イベントに積極的に参加している
  • 毎日配信をしている
  • ライバー事務所に所属している

この章では、ライブ配信で稼げる女性の特徴について詳細に解説します。

視聴者との絆が芽生える!イベントへの積極的な参加

ライブ配信で稼いでいる女性は、イベントの参加に積極的です。

イベントの内容は、主に視聴者から貰うギフトの数で他のライバーと競います。

イベントはライバーの頑張りだけでなく、視聴者の協力が必須なのです。
たとえイベントの結果で他のライバーに負けてしまったとしても、共に頑張ったことで視聴者とライバーの間に確かな絆が生まれるでしょう。

イベントに繰り返し積極的に参加することで、視聴者との絆がより深くなります。
より多くの視聴者と絆を結ぶことで人気ライバーになることが、ライブ配信で稼ぐ方法なのです。

継続が大事!毎日配信をしている

ライブ配信で稼いでいる女性は、毎日配信をしていることが多いです。

毎日配信をすることで、動画配信アプリのオススメに乗りやすくなるほか、配信が楽しみになった視聴者が配信を見逃さないためにフォローしてくれる可能性が高まります。

例えば好きなアニメやドラマが毎日放送しているとしたら、見逃さないように録画予約をするでしょう。

ライブ配信も同じように、楽しみにしている配信があったら、配信を見逃さないようにフォローしてくれるのです。

どれだけ配信が面白くても、視聴者の目に留まらなければ他のライバーの配信に埋もれてしまいます。
だからこそ毎日配信を継続して、少しでも多くの視聴者を作ることが大切なのです。

ノウハウが学べる!ライバー事務所に所属している

ライブ配信で稼いでいる女性は、専門のライバー事務所に所属していることが多いです。

ライバー事務所に所属することで、知識があるマネージャーから、ライブ配信で結果を出すためのノウハウを教えてもらえたり配信のクオリティを上げる機材を貸してもらえたりします。

また、人気ライバーともなれば何らかのトラブルが発生する可能性があります。
トラブルが起きて困ったときも事務所のマネージャーに任せられることもライバー事務所に所属するメリットなのです。

人気ライバーになったからライバー事務所に入るのではなく、ライブ配信で稼げる人気ライバーになるためにライバー事務所でノウハウを学ぶとよいでしょう。

初心者ライバーから抜け出す近道!配信で稼ぐための徹底サポート

女性がライブ配信をするメリット

女性がライブ配信をするメリット

  • 簡単に始められる
  • 副業感覚で稼げる
  • 配信を通じて色々な人と交流できる
  • 有名になれる可能性がある

この章では女性がライブ配信をするメリットについて詳細に解説します。

簡単に始めることができる

ライブ配信に必要なものはスマホ1台のみです。
そのため、誰でも簡単にライブ配信を始められます。

ライブ配信は基本的にリアルタイム映像となるため、難しい編集が必要なく、スマホ1台あれば十分なのです。

また、ライブ配信は場所を選びません。

自宅からでも行きつけのカフェでも、声を出せる環境であれば自由に配信ができます。

YouTuberのように複雑な編集が求められることなく、撮影環境の自由さから簡単に始められることが、ライブ配信をするメリットなのです。

副業感覚で稼げる

ライブ配信は本業をしながらでも、副業感覚で稼げます。

ライブ配信は自分の都合のよい時間に始められます。

そのため、「昼間に本業をして夜になったら副業感覚でライブ配信をする」ということができるのです。

また、ライブ配信は12時〜13時、19時〜25時にすると、視聴者が集まりやすいです。

例えば事業時刻が9時、就業時刻が18時であれば、自宅に帰ってからライブ配信をすると、視聴者が集まりやすいタイミングで配信できるのでしょう。

本業の仕事時間に合わせて、副業感覚で始められることも女性がライブ配信をするメリットの1つなのです。

配信を通じて色々な人と交流できる

ライブ配信をすることで、色々な人と交流できるようになります。

配信中に視聴者と直接コメントを通じてやり取りができるため、色々な性格の人からの意見や感想をリアルタイムで受け取れます。

これにより、日常の悩みを視聴者が解決してくれるなど、自分では思いつかなかった新しい考え方を知れるのです。

また、視聴者からの意見や感想が配信のモチベーションにもなります。

ライブ配信で色々な人と交流をすることで、自分とは違う生き方をしてきた人の新しい考え方を知る事ができるのです。

さらに、コラボ配信等で連絡を取ることでライバー仲間との交流ができます。

ライバー仲間との交流を通して配信に関する悩みや、自分の配信を活性化させるためのアドバイスを貰える可能性があるのです。

今まで視聴者として見ていた好きな配信者も、自分が配信者になることで直接交流できるようになることもあるのです。

有名になれる可能性がある

ライブ配信をすることで有名になれる可能性があります。

これは、特に将来的にアイドルや女優を目指す人にとって大きなメリットです。

ライブ配信は歌や踊りなど自分の得意なことを直接視聴者に見せることができます。

多くの視聴者に見てもらうことで徐々に知名度が上がり、有名になれるでしょう。

また、配信内で有名になることで芸能界からのスカウトがある可能性もあるのです。

芸能界にデビューしてライブ配信だけでなく、テレビに出演すれば更に多くの人にあなたの存在が認知され、誰もが知っている有名人の仲間入りができるかもしれません。

女性がライブ配信をするデメリット

女性がライブ配信をするデメリットには、

女性がライブ配信をするデメリット

  • 身バレする可能性がある
  • 迷惑行為を受ける可能性がある
  • 十分稼げるとは限らない

これらがあります。

この章ではライブ配信をするデメリットについて詳細に解説します。

身バレする可能性がある

ライブ配信は自分の周りの人に身バレする可能性があります。

配信は声や顔を出して行うことが多いため、配信の内容でバレてしまったり、たまたま近所に住んでいる人が「この人の顔みたことある」と、身元がバレてしまうことがあります。

もし身バレをしてしまって、個人情報が流出してしまったら、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。

特にライブ配信を始めたての人はコメントが来たことに喜び、個人を特定される危険のあるコメントに反応してしまいガチです。

身バレのリスクを減らすために、出身校や住んでいる地域など、身バレに繋がる内容は配信内で話さないようにしましょう。

迷惑行為を受ける可能性がある

ライブ配信をすることで、迷惑行為を受ける可能性があります。

どのライブ配信アプリを使用しても、「アンチ」と呼ばれる嫌がらせのようなことをする視聴者がいるのです。

アンチは、ネガティブな気持ちになったときのストレス発散としてあなたに嫌がらせをしたり、あなたの容姿や才能を羨ましいという嫉妬心から嫌がらせをしたりします。

配信内で個人情報やプライベートなことを聞かれたり、セクハラのような内容でコメントが来ると、困惑するでしょう。

ライブ配信アプリは迷惑行為をする人に対して、ブロックしたり運営に通報できる機能があります。

迷惑行為を受けていると感じたら遠慮せずに活用しましょう。

確実に稼げるとは限らない

ライブ配信だけで生活できるほど稼いでいる女性は少数です。

どのライブ配信アプリを始めても、すでに人気の配信者がおり、その中で新たに人気になるのは努力と時間が必要なのです。

2020年、12月末日時点でライバー数32,000人を突破しており、ライバーの中で月収6万円以上を達成している人は8,430人という発表がありました。

出典元:https://jp.17.live/pressrelease/7664/

つまり、全体のおおよそ26%は月収6万円以上の稼ぎがあり、その他74%は稼ぎが6万円未満なのです。

これは、ライブ配信のコツや配信に慣れるまでに時間がかかったり、そもそも配信に時間を使っていないことが理由です。

しかし、トップライバーともなれば月収500万円近くまで稼げている人もいます。

時間がとれなかったり配信に慣れていないと確実に稼げるわけではありませんが、副業ではなく、ライブ配信を本業にすることでサラリーマンでは得られないような収入を得られる可能性があるのは間違いないですね。

月収が今の何倍にもなる可能性がある!

ライブ配信アプリの収益の仕組み

ライブ配信アプリで収益を得るためには、

  • 視聴者から投げ銭をもらう
  • 企業案件を受ける

上記の2種類があります。

この章では2つの収益の仕組みについて詳細に解説します。

初心者ライバーから有名ライバーまで収益の基本!視聴者からの投げ銭

投げ銭とは、視聴者がお金を直接振り込むのではなく、アプリ内のアイテムを購入して、それを任意のライバーに送ることです。

ライバーは視聴者にもらったアプリ内のアイテムを実際の通貨に還元して収益を得ます。

初心者ライバーから有名ライバーまで収益を得ているライバーは全員投げ銭をもらっているのです。

アイテムの価格は高いものだと10万円を超えることもありますが、ライバーはその金額がそのまま収益になるわけではありません。

アプリごとに異なりますが、アイテムを現実の通貨に還元するのにいくらか手数料を取られてしまうのです。

視聴者は誰にでも投げ銭をするわけではありません。
「好きなライバーを応援したい」という気持ちが投げ銭に繋がるのです。

なお、還元にかかる手数料はアプリごとに異なりますので、詳細は「女性が配信で稼げるアプリ3選」で紹介します。

高単価報酬!企業案件

有名ライバーともなると投げ銭以外にも、企業から商品やサービスの紹介を頼まれることがあります。

企業案件を受けて得られる収入はピンキリですが、1案件で数万円以上の高額になることもあります。

ただし、企業案件は初心者ライバーでは受けることが難しく、ある程度人気になったライバーに案件が来るのです。

投げ銭だけでなく、高単価の企業案件を受けられるようになるとライブ配信だけで生活をすることが現実的となります。配信を継続して有名ライバーを目指しましょう。

ライブ配信アプリの始め方

ライブ配信を始めるのに必要なものはスマホ1台だけです。

スマホ1台あれば、以下の手順で配信を始められます。

  1. .配信するアプリを決める
  2. アカウントを作成する
  3. 配信を開始する

配信を始めるにも、どのアプリで配信をするか決める必要があります。

アプリに困ったら初心者でも始めやすい「17LIVE」「TikTokライブ」「BIGOライブ」この中からきめるとよいでしょう。

次に配信すると決めたアプリでアカウントを作成します。

アイコン画像やプロフィール情報にこだわって少しでも視聴者を増やせる工夫をしましょう。

ここまで来たら自分が決めた内容で配信をしましょう。

雑談配信や自分の得意なことを披露する配信など自由に内容を決めて問題ありません。

ライブ配信はスマホ1台で簡単に始められます。

準備に時間もかからないのでライブ配信に興味があれば、1度試してみることがオススメです。

女性が配信で稼げるアプリ3選

ライブ配信配信アプリは種類が豊富で何を始めてよいか悩む人が多いでしょう。

この章では女性が配信で稼げる以下のライブ配信アプリについて紹介します。

  • 17LIVE
  • TikTokライブ
  • BIGOライブ

17LIVE

17LIVEは、全世界で5,000万人以上のユーザーが利用しているライブ配信アプリです。

毎月イベントを開催していたり、自分を加工した状態で配信ができる「ビューティー機能」があることが特徴です。

ライブ配信アプリは当然ユーザー数が多いほど、自分に投げ銭をしてくれる視聴者が集まりやすく、一定数以上のユーザーがいることが望ましいです。

そのため、業界の中でもユーザー数が多い17LIVEが稼ぎやすいのです。

なお、17LIVEの収益還元率は約30%です。

TikTok 

TIkTokは、アプリ上でライブ配信をすることができます。

国内だけでも1,700万人のユーザー数を誇るTIkTokのライブ配信は、同じ時間に配信をしている他のライバーとコラボしやすいことが最大の特徴です。

ただし、TIkTokライブはフォロワー数が50人以上でないとライブ配信ができません。

アプリを始めてすぐにライブ配信をすることはできないのです。

ユーザー数が多い分、ライバルが多いですが、それをふまえても国内1,700万人のユーザー数は魅力的です。

なお、TikTokライブの収益還元率は30〜40%と高めであることもTIkTokライブがオススメの理由の1つです。

BIGO

BIGOライブは、全世界で4億人を超える圧倒的なユーザーの多さが特徴です。

海外のユーザーも多いので、海外向けのコンテンツを考えている人に最適なのです。

また、ゲーム配信に対応していることもBIGOライブの特徴といえるでしょう。

なお、BIGOライブの収益還元率もTikTokライブと同様に30〜50%と高めの設定なのもBIGOライブがオススメの理由の1つです。

ライブ配信の視聴者を増やすコツ

ライブ配信の視聴者を増やすコツは、

  • 人気のある配信者を真似る
  • 見た目に気を使う
  • SNSを活用する


これらがあります。

この章では視聴者を増やすコツについて詳細に解説します。

有名人の企画に乗っかろう!人気のある配信者を真似る

有名配信者の企画を真似ることで、視聴者が増える可能性があります。

有名配信者が企画したものは、それだけで注目度が高いです。

オリジナルの企画を生み出すよりも、最初は注目度が高い企画を真似ることで視聴者からすると「この企画知っているから見てみよう」と配信をみるきっかけになるのです。

視聴者を増やすためには配信を見るきっかけを作ることが大切です。

そのために有名配信者の企画に乗っかり、同じような配信をするとよいでしょう。

容姿は大事!見た目に気を使おう

配信者にとって見た目は重要です。

身だしなみが整っていない配信者はそれだけで注目度が下がってしまうことがあるのです。

例えば化粧品の紹介をするとして、容姿に気を使っている人と身だしなみが整っていない人の紹介であれば、容姿に気を使っている人の配信をみるでしょう。

見た目に気を使っているだけで、例えば「その化粧品どこで買ったか教えてほしい」と会話のネタになることもあります。

用意した企画をなるべく多くの視聴者にみてもらうために、最大限見た目に気を配る必要があるのです。

視聴者は更新されたら嬉しい!SNSを活用しよう

視聴者を増やすためには配信アプリだけでなく、XやインスタグラムなどのSNSを活用しましょう。

配信を楽しみにしている視聴者はSNSの更新も楽しみにしています。

また、視聴者が視聴者の友人にあなたを紹介するときに、SNSのアカウントの方が紹介しやすいです。

これは、紹介される側にとって配信アプリをインストールすることは手間であり、SNSはたいてい既にインストールされているからです。

視聴者は好きな配信者を紹介したくなるものです。

自分のことを紹介しやすいようにSNSの更新も頻繁に行い、多くのユーザーに知ってもらうきっかけを作りましょう。

まとめ|本気でライブ配信を考えているなら事務所に入りましょう。

ライブ配信で稼げている女性の特徴は、

  • イベントに積極的に参加している
  • 毎日配信をしている
  • ライバー事務所に参加している

上記があります。

ライブ配信は、スマホ1台で簡単に副業感覚でいろいろな人と交流ができて、有名になれる可能性があります。

どのアプリでライブ配信をするか迷っているのであれば、

「17LIVE」「TikTokライブ」「BIGOライブ」これらの中から選ぶと稼ぎやすいでしょう。

本気でライブ配信を考えているのであれば、「ReStart」というライバー事務所に入ることがオススメです。

ライブ配信で稼ぎたい方におすすめのライバー事務所はReStart

ReStartは2024年3月で5,000名以上のライバーが所属しています。

所属者の平均月収は30万円前後であり、未経験者からでも収入を得るための確かなノウハウをもっています。

全国どこからでも所属ができ、所属費用が完全無料なところもReStartの魅力の1つです。

ライバーとして稼ぎを得るためには独学よりも専門の知識をもった事務所の意見を取り入れることが1番の近道です。

「本気でライブ配信をしてみたい」という人はLINEで相談してみましょう。

LINEで相談してみる(無料)

ライブ配信に関するよくある質問

この章ではライブ配信に関する以下の質問に答えます。

  • ライブ配信で月どれくらい稼げますか?
  • ライブ配信でもらった投げ銭は全額自分のものになりますか?
  • ライブ配信に向いている人はどのような人ですか?

ライブ配信を考えている人が抱えがちの悩みですので、回答を参考にしてみてください。

ライブ配信で月どれくらい稼げますか?

初心者ライバーのうちは月に数千円程度が相場です。

ですが、未経験者から3ヶ月で平均月収20万円を達成した例や、人気ライバーともなると配信ライブだけを専業にして、月収100万円以上になることもあるのです。

初心者のうちはどれだけ才能があってもなかなか稼げません。

継続して月収100万円以上の人気ライバーを目指しましょう。

ライブ配信でもらった投げ銭は全額自分のものになりますか?

ライブ配信でもらった投げ銭の大部分は運営に取られてしまいます。

17LINEでは約80%ほど、TikTokライブやBIGOライブでは約60%ほどが運営に取られてしまい、自分の手元に全額残るわけではありません。

ライブ配信に向いている人はどういう人ですか?

ライブ配信をするのに向いている人はコミュニケーションを楽しめる人や、人に誇れる得意なことがある人です。

雑談配信で人とのコミュニケーションを取ることが「楽しい」と思えたり、歌やダンスが得意で「人に見て欲しい」という人は苦に感じることなくライブ配信を楽しめるでしょう。

-ライブ配信ノウハウ